のぼりと飲食店

のぼりの上手な利用法

のぼりの使用例

のぼりの使用例についていくつか紹介しようと思います。

まず、多くの法人が利用しているのを実際に、出歩くと目にします。

最も多いのがファミリーレストランや牛丼チェーンなんかな印象です。

今なら牛丼一杯250円、なんていうもの容易に思い出されます。

また、のぼりは非営利団体や宗教法人なんかも利用をしているようです。

神社やお祭り、いくつかの宗教法人の事務所近辺、占拠などで揺らめく旗を見た記憶が簡単に思い出せます。

また、現在では思いもよらない使い方が昔の主流の使い方でした。

それは、敵と見方の判別です。

戦の最中に、お互いの所属を確認する時間などなかったのでしょう。

敵であれば一刻も早く倒さなければ自分の身が危ういのです。

しかし、あまりに焦って相手がどんな人か確認もしていないと、味方同士で斬り合ってしまうかもしれません。

そこで用いられたのがのぼりでした。

「のぼりのとっておきサーチ(http://www.convmp3.com/)」によると、風がやんでいても、多少兵隊が体を傾けていようと、垂れきってしまうことなく、布の部位を強調できたのぼりは便利なものだったようです。

その当時は、兵士が持ち歩く、携帯するものでありましたが、現在は設置後無人でおいてあるだけという使い方になっています。

そのためスタンドなどで固定してあるのが現在固有のものだと気づくことができます。


Copyright (C) www.jhoneproducciones.com. All Rights Reserved.

のぼりの上手な利用法