のぼりのデザイン

のぼりの上手な利用法

ミニサイズののぼり

現在ではさまざまなのぼりが開発、デザインされて使われています。

大きな物から小さな物までありますし、派手なものから少し地味なものまであります。

また、使用場所も屋外であったり、屋内であったり、千差万別です。

そういったたくさんの種類があるものの中でも、一際異彩を放っているのがミニのぼりです。

通常のぼりは、宣伝のために人目を引くためになるべく大きい方がいいとさえいわれています。

それにもかかわらず小さいものが現在になって使われているのです。

大きさがどのラインを超えると、ミニかそうでないかの明確な決まりはありませんが、明らかに小さい作りを意図して製作されたものだと見るとわかります。

例えば、スーパーなんかで商品の上に置いてある、こちら本日限り298円なんていうものは典型的なミニのぼりです。

ああいったものは商品に重さで負担を与えないためであり小さく作られるのは自然です。

しかし、屋外で使われるものまで小さいものが今日ではあるようです。

周りが巨大化をしていく一方、小さいとなんだか気になってしまう、そんな効果を狙っているようですね。

たしかに街中で大きなものに囲まれて一つ小さいものがあるとついそちらに意識がいってしまいそうな気がします。


Copyright (C) www.jhoneproducciones.com. All Rights Reserved.

のぼりの上手な利用法